HOME > 知ってますかフォトウェディング? > 知ってますかドレス・衣装選びのポイント?

  • 知ってますかドレス・衣装選びのポイント?

    宮古島のウェディングドレス画像

    衣装探しは地道な下準備から

    フォトウェディングを検討している女性にとって、最も力を注ぎたいものの1つがドレス・衣装なのではないでしょうか。真っ白なウェディングドレスにしようか、白無垢の和装にしようか、それとも両方か・・・一生に一度のウェディングだからこそ、夢も広がることでしょう。自分の理想どおりの衣装に出会えるために、しっかり事前のリサーチをしておきましょう。

    衣装を用意する方法

    新しく購入
    オーダーメイドで作るか、既製品を購入するかの2通りがあります。オーダーメイドなら自分のイメージ通りのデザインで、サイズ、ラインの衣装を手にいれることができます。ただしその分費用ががかさむ可能性も。既製品を購入する場合は気に入ったデザインでもサイズが合わないなどの問題が生じることも。しかし、自分のサイズにお直しをすることで着られることもあります。また、衣装に合うアクセサリーや靴を用意することも忘れずに。使用後の保管場所も予め決めておいた方がよいでしょう。衣装持ち込みの場合は別途料金となることもあります。
    中古で購入
    新品にこだわらないのであれば中古で購入するという方法もあります。着用機会が多いものではないのでダメージは少ないと思いますが、購入の際は保存状態やほつれ・破れなどの破損がないかの確認をしっかりすることが大切です。ブランドものも中古であれば価格も下がるので、質の良いものを安価で購入したいという人にはおすすめです。また、この場合も衣装に合うアクセサリーや靴を自分で用意することになります。
    レンタル
    最も多くの人がレンタルで用意しています。自分だけのオリジナル衣装とはいきませんが、種類やサイズも豊富に用意されているので、納得のものに巡り会う可能性は十分にあります。また、アクセサリーなどの小物類もあわせて借りられれば個別に用意する手間が省けます。使用後の保管場所に困らないこともレンタルの良さといえるでしょう。ただし、複数回衣装を着る必要がある場合は購入した方が割安になることも。状況にあわせて比較検討してみましょう。
    境界点線

    スタジオを決める前にドレスの種類をチェック

    衣装の種類やサイズ展開、和装や琉球衣装の有無などにはスタジオごとに大きく差があります。依頼するスタジオを決めてから「気に入る衣装が一着もない」なんてことがないように、Webなどを利用して事前に下調べをしっかりするようにしましょう。ブランドものを豊富に用意していたり、新作を毎年入れているようなスタジオであれば、衣装に力を入れている証拠。また、ビーチフォト用に海に入ってもOKなドレスを揃えていることもあります。「どんな衣装でどんな写真を撮りたい」という希望を明確にしておくと衣装選びもスタジオ選びもスムーズになるでしょう。

    境界点線

    試着ができるタイミングは?

    沖縄でのフォトウェディングは、沖縄に行ってから初めて衣装を選び、試着という流れの場合もあります。「衣装は直接見てから選びたい」という場合は、どんなタイプの衣装が良いのか写真や雑誌の切り抜きなどを用意していくと良いでしょう。フォトスタジオのホームページを見たり、メールで衣装画像を送ってもらったりするなどして、事前にある程度衣装を厳選しておくこともできます。現地入りしたら衣装を実際に見てみて、試着する衣装をさらに決定するとスームーズです。

    境界点線

    その衣装、本当に似合ってる!?

    「憧れのマーメイドラインを着ていざ鏡の前になったらなんだか微妙・・・」同じ衣装でも、モデルさんが着ているのと自分が着てみるのとでは印象が変わることはよくあることです。何より大切なのは形やデザインではなく、主役であるあなたを一番美しく見せてくれる衣装であること。自分で判断するのが難しそうだなと思ったら、ぜひズバリ意見を言ってくれる人に付き添ってもらいましょう。「ちょっと傷付いた」なんてこともあるかもしれませんが、第3者の意見を貴重なものとしてここは謙虚に受け止めて。自他共に認めるウェディングフォトにするために、自分にしっくりくる1着を諦めずに見つけましょう。


    詳細は「ドレス選びのポイント知ってますか?」こちら ➤


    詳細は「琉球衣装選びのポイント知ってますか?」こちら ➤


    詳細は「花嫁和装選びのポイント知ってますか?」こちら ➤

    境界飾り線